大震災が起きた時に死傷した方の理由で目立つのは、火に巻き込まれたのと家具類が倒れたための圧死です。いいかげんに据え付けてあっただけの家財類の散乱で怪我を負ったり亡くなったりする二次被害を少しでも減らす為には、はたしてどのように処置すればよいのか確認しましょう。食料をストックする事を心掛ける事は肝要ではありますが、水と火種を用意しないと口にできない物では片手落ちになります。極力気軽に経口摂取できる災害時用非常食を厳選し、徐々に備蓄していってください。買ってから賞味期限まで放っておくことは避けて、周期的に時折消費しては補充するという方式がおススメです。被災時には新品の災害対策用品を用意しておく事はNGです。寧ろ日常生活でリサーチし、実地で使って使い勝手についても飲み込んでおくと、万が一のシーンでもパニックにならずにすむでしょう。備えあれば過度な心配は要りません。災害対策用品のみならず経験もあらかじめ備えているべきです。