低金利目的でおまとめローンを選ぶ時は、見逃してはならない前提項目があるのです。それというのは、上限金利が低く設定されているということなのです。10万円とか20万円の借り入れについては、上限金利が用いられると決定しているからです。カードローンの審査につきましては、申込申請時に書き込む情報をベースにして、依頼人の信用度を判断するために行われます。期限を守って返済していく見込みがあるかどうかという安定感が最も重要視されます。カードローンの金利を比較する時は、年利の制限を示す「上限」と「下限」に分けてそれぞれ行なうことが重要です。そのわけは、金利は「借入金額次第で決まる」のが普通だからです。メディアなどでも話題のカードローンの借り換えとは、利息負担や長期間に及ぶ支払い負担を軽くすることを目的に、今の借入先を除く金融機関にて借金し直すことを言います。カードローンの借り換えを申し込むときも、返済していけるかどうかを判定するために会社ごとに審査が実施されます。言うまでもなくこの規定の審査をパスできない限り、ローンを借り換えることはできないわけです。